PR

Destinyを見逃した!見逃し配信で見る方法は?

Destinyを見逃した!見逃し配信で見る方法は? 見逃し配信
記事内に広告が含まれています。

「Destiny」は、石原さとみさんの3年ぶりの連続ドラマ復帰作として,2024年4月9日から毎週火曜日の夜9時からテレビ朝日で始まります。20年の時をかけたサスペンスラブストーリーで、女性検事の姿を描いています。主人公の西村奏(石原さとみ)は、大学時代に起きた事件や父親の死の真相、大学時代の仲間の秘密など、様々な過去と向き合いながら、新時代のヒロインとして活躍します。そんな「Destiny」を見逃したあなた、見逃し配信で見る方法を調べてみました。

スポンサーリンク

結論

結論

現在、Destinyの見逃し配信はTVerTELASAで配信しています。但し、TVerは期間限定なのでお早めに視聴することをおすすめします。無料で見れるのでお得です。

スポンサーリンク

Destinyを見れる見逃し配信は

動画配信サービスURL料金   
(税込)
視聴できる?無料体験
TVer無料無料配信
ABEMAプレミアム 960円×無料配信あり
Hulu1,026円×あり:2週間
 Amazonプライムビデオ500円×あり:1か月間
 Netflix1,490円×あり:1か月間
 Lemino990円×あり:1か月間
  U-NEXT2,189円×あり:1か月間
 FODプレミアム976円×なし
TELASA618円あり:2週間
スポンサーリンク

Destinyのあらすじ

Destinyのあらすじ
画像引用元:Destinyテレビ朝日公式サイト

あらすじを見たい方はこちら⬇️

ニュースで民事党総裁報告を見ていた「横浜地」中央支部・西村奏(石原さとみ)は、20年前の『環境エネルギー汚職事件』を思い出す。

彼女の父である「東京地」特捜部の元主任任事・辻英介(佐々木蔵之介)はこの事件に関わり、無罪を勝ち取った弁護士・野木浩一郎(仲村トオル)によって東正太郎議員(馬場徹)が救われたが、父は身に覚えのない疑惑を掛けられ、命を絶った。

しかし、次の瞬間、奏はテレビ画面に映った東正太郎の父で元総理の東忠男(伊武雅刀)と、その傍らで拍手している男に釘付けになる。

この男は『野木邸放火事件』の現場で目撃され、宅配業者の置き配証明写真に写り込んでいた人物だったのだ。国会議員便で調べたところ、その男が東元総理の秘書・秋葉洋二(川島潤)であることが判明した奏は、入院中の浩一郎の元へ向かう。

奏は「環エネ事件」の真相を封じ込めた父の死、友人・及び川カオリ(田中みな実)の事故、真樹の失踪、そして放火事件を正しく繋がっていると確信し、浩一郎に真実を教えてほしいと懇願する。

20年前の「環エネ事件」の公判で、検察側の証拠を覆して東正太郎議員を無罪に導いた浩一郎。しかし、彼の自宅を放火し命を狙ったのは秘書の秋葉だった。奏は「とても無関係だとは思えない。あなただけが知っていることがあるはず」と問いかけると、浩一郎は重い口を開く。

大学時代の恋人であり、放火事件の被疑者となった野木真樹(亀梨和也)を長野から横浜に連れ戻した「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)。真樹は一貫して犯行を認めているが、その供述と鑑識結果は食い違っていた。奏は刑事の渡辺(板尾創路)らと共に捜査を続ける。

何度も聞き込みを行ううちに、奏らは真樹ではない不審な男の目撃情報を入手する。しかし、現場となった真樹の実家のガレージ付近は防犯カメラの死角になっており、なかなか決め手となる証拠が見つからず捜査は暗礁に乗り上げていた。

そんな中、奏は現場付近を走っていた宅配トラックの存在に気づき、搭載されているドライブレコーダーの分析を渡辺に依頼する。すると、そこに映っていたのは大学時代の親友で弁護士の梅田祐希(矢本悠馬)だった。ショックを隠しきれないまま、奏は祐希と知美(宮澤エマ)夫妻の自宅を訪ねる。

検事として事件のことを問う奏に、祐希がようやく重い口を開く。そんな中、体調が安定した真樹の取り調べが再開され、奏と真樹は再び検事と被疑者として対決することに。祐希と真樹、どちらかが放火事件の真犯人なのか。

襲いかかる過酷な現実を前にしてもなお、検事として真実を追い続ける奏の運命はどうなるのか。

横浜地検中央支部の検事である西村奏は、恋人であり主治医でもある奥田貴志と共に、吐血し倒れた野木真樹の元を訪れる。目覚めた真樹から突然「一緒に逃げない?」と誘われる。翌朝、真樹は病院を抜け出し長野行きのバスに乗る。その発車直前に奏も飛び乗り、二人は逃走を開始する。

地検では、支部長の大畑節子や事務官の加地卓也らが奏への連絡を試みるが、彼女のスマホは電源が切れていた。一方、貴志は自宅で真樹の行方不明を知り、不吉な予感を強める。大畑からの電話を受け、その予感は確信に変わり、奏が去った痕跡を探し始める。

県警は緊急配備を敷く中、奏と真樹はレンタカーで大学時代の思い出の場所へと向かう。かつての恋人同士である担当検事と被疑者は、禁断の逃避行を続ける。奏は「愛する人は私が守る」という信念のもと、たとえ検事の職を失うことになっても、真樹を守る決意を固める。

野木真樹の実家が放火されるという事件が発生し、その結果、弁護士である父・野木浩一郎は意識不明の重体に陥る。この事件の当日、真樹が実家を訪れており、自らが犯行を行ったと自白。その結果、放火事件の被疑者として警察に拘束され、取り調べを受けることになる。

真樹の逮捕のニュースはすぐに「横浜地検」中央支部の検事である西村奏に届く。奏は真樹と大学時代に恋愛関係にあったが、それから12年が経過し、今や彼女は検事、彼は放火事件の被疑者として再び出会うことになる。奏は真樹の逮捕を知り、言葉を失うほどの衝撃を受ける。

この事件には多くの謎が含まれており、真樹と彼の父・浩一郎との間で何が起こったのかが重要な問題となる。初恋の相手として12年ぶりに対峙する奏と真樹は、取調室で直接向き合うことになり、かつての感情が複雑に絡み合う。

横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)は、再会した大学時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)に約束して、20年前の環境エネルギー汚職事件を調べていた。この事件には奏の父で元東京地検特捜部主任検事の辻英介(佐々木蔵之介)と真樹の父で弁護士の野木浩一郎(仲村トオル)が関与していた。しかし、調査は困難を極め、関係者からの情報は得られなかった。

ある日、奏は元特捜部の検事であった新里龍一(杉本哲太)と出会う。新里は「辻さんは死をもって真実を封じ込めた」と告げ、それ以上のことは語らなかった。この言葉に動かされた奏は、真実を求めて長野の実家へと向かう。そこで奏は父の遺品の中から、環境エネルギー汚職事件に隠された衝撃の真実を発見する。

横浜に戻った奏は真樹を自宅に呼び、発見した真実を共有する。その過酷な事実に直面した真樹は言葉を失い、衝撃に打ち震える。この重大な発見が、二人の運命をどのように変えるのか、残酷な運命の行方が注目される。

梅田祐希と知美夫妻の家で、12年ぶりに再会した西村奏と野木真樹。気まずさから飛び出した真樹を、奏が追いかける。翌日、真樹は幼少期の記憶に思いを馳せる。3歳のとき母を失い、人を好きになることに怖れを抱くようになる。反抗的だった真樹は家を出て大学で大切な友人たちと出会い、奏に本気で恋をする。しかし、友人の及川カオリの事故により、居場所は失われる。

一方、奏は恋人との結婚を控え、真樹との再会に心揺れる。奏は過去を振り切ろうとするが、真樹が横浜地検に現れ「あの日のこと」を話すことに。カオリの事故に真樹の指紋がある疑問を持つ奏に、真樹は事故の日の出来事を語る。

奏と真樹の前に現れたのは、20年前の英介の死とカオリの事故死とのつながり。2つの事件の真相が明らかになり、さらに知られざる真実へと繋がる。2人は過去と向き合う決意を新たにし、再び禁断の初恋が動き出すことになる。

横浜地検中央支部の検事・西村奏は、12年ぶりに再会した大学時代の恋人である野木真樹が、横浜地裁で弁護士の父・野木浩一郎と言い争うのを目撃する。その際、真樹が「辻英介を殺したんだろう!」と叫ぶのを耳にし、奏はその言葉が頭から離れなくなる。奏の父である辻英介は、かつて「東京地検」特捜部の主任検事であり、不審な死を遂げる前に「環境エネルギー汚職事件」を担当していた。この事件について調査を進める中で、父を逮捕に追い込んだのが、「正義の弁護士」として名高い野木浩一郎であったことが判明する。

さらに、奏は父の死と及川カオリの事故に隠された関係性を探求することになる。支部長の大畑節子の助言を得ながら、大学時代に起きたカオリの事故も調べ始める。その過程で、浩一郎が横浜地検を訪れると、奏は冷静を装って父の死の真相やカオリの事故との関連を問いただす。

一方、奏は恋人で外科医の奥田貴志と共に長野の実家を訪れる。奏の母・西村悠子は、二人の訪問を結婚の報告と勘違いし、大はしゃぎするが、奏自身は複雑な心境にあった。

横浜地検中央支部の検事・西村奏が違法薬物売買事件を担当し、被疑者が大物政治家の次男と判明。

逮捕時に薬物を持っていなかった被疑者は犯行を否認し、共犯者の供述のみが手がかりだった。支部長に叱責される奏は、事件の解決に焦る。

そんな中、恋人・奥田貴志から結婚を提案されるが、奏は過去を振り返る。大学時代、初恋の人・野木真樹との出会いと失踪、そしてロースクール失敗後の絶望を経験。

そんな奏を救ったのが貴志だった。12年ぶりに真樹が現れ、過去の事件の真相と奏の運命が動き出す。

横浜地検中央支部の検事・西村奏は、中学3年生の時に亡くなった父、元東京地検特捜部の検事・辻英介の思い出にふけりながら、仕事に向かっていました。命を落とした父の名誉を守るため、奏は長野に移り住み、低姿勢で生活してきた。 検事になる夢を胸に、孤独に勉強を続けていたが、信濃大学法学部2年の夏、隣に座った野木真樹との出会いが運命を変える。

真樹は奏に友情をもたらし、彼女の孤独な生活に変化をもたらす。大自然溢れるキャンパスで青春を謳歌し、初めての心からの笑顔と充実した日々を経験する。秘密の恋が始まる。 しかし、ある出来事があり、友情と青春が終わりを迎える。

12年後、奏は大学時代の出来事と振り返って、それが20年前の父の死に関連していることに気づいた。年の時を経て描き出す。

Destinyの相関図

Destiny公式X

Destinyの公式Xはこちら

Destiny公式Instagram

Destinyの公式Instagramはこちら

Destiny公式TikTok

Destinyの公式TikTokはこちら

Destinyの主題歌

椎名林檎『人間として』

録画機能付きレコーダーで見る方法

どうしても【Destiny】を見たい方は録画予約機能が出来るレコーダー購入をおすすめします。下記の商品はスマホで録画予約ができ、スマホで録画した番組又は録画中の番組が外出中でも見れます。

一度、録画しておくと、いつでもどこでも見れるので非常に便利です。

おすすめBlu-rayレコーダー

楽天市場(おすすめ商品)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の詳細はこちら

おうちで動画配信を大画面で見るならチューナーレステレビ

大画面で映画や動画を楽しみたいけれど、テレビではNHK受信料を払わなければならない。受信料を払いたくないあなたにぴったり!チューナーレステレビが解決策です。ケーブルやインターネットを利用して、お気に入りのコンテンツを自由に楽しめます。大画面の鮮やかな映像をお家で堪能。理想のエンターテイメント体験を、チューナーレステレビで実現しましょう!

チューナーレステレビとは?

地上波を受信するチューナーがなく、インターネットの動画視聴に特化したテレビのことを指します。一般的なテレビと比べて価格が安いため、テレビ番組を頻繁に見ない方や、動画配信サービスのみを楽しみたい方におすすめです。

単独で地上波・BS・CS放送の視聴はできませんが、YouTube・Netflix・Amazon Primeなどインターネットを介しての映像コンテンツを大画面で楽しめるのが特徴です。

チューナーレステレビの詳細はこちら

コメント

無料で見られる動画配信サイトやその他のおすすめ動画配信サイトを紹介
動画配信サイトはこちら
無料で見られる動画配信サイトやその他のおすすめ動画配信サイトを紹介
動画配信サイト