PR

366日を見逃した!見逃し配信で見る方法は?

366日を見逃した!見逃し配信で見る方法は? 見逃し配信
記事内に広告が含まれています。

「366日」は、2024年4月8日(月)フジテレビで21:00~放送されます。HYの名曲「366日」に着想を得たオリジナルラブストーリーのドラマです。この作品は、高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした男女が、予期せぬ悲劇に直面しながらも、愛する人を思い続ける壮大なラブストーリーを描いています。そんな「366日」を見逃したあなた、見逃し配信で見る方法を調べてみました。

スポンサーリンク

結論

結論

現在、「366日」はTverFODプレミアムで配信されています。ただし、Tverは期間限定の為、お早めに視聴することをおすすめします。

スポンサーリンク

366日を動画配信サービスで見れるのはこちら

動画配信サービスURL料金   
(税込)
視聴できる?無料体験
TVer無料無料配信
ABEMAプレミアム 960円×無料配信あり
Hulu1,026円×あり:2週間
 Amazonプライムビデオ500円×あり:1か月間
 Netflix1,490円×あり:1か月間
 Lemino990円×あり:1か月間
  U-NEXT2,189円×あり:1か月間
 FODプレミアム976円あり1か月間
TELASA618円×あり:2週間
スポンサーリンク

366日のあらすじ

366日のあらすじ
画像引用元:366日フジテレビ公式サイト

あらすじをみたい方はこちらをクリック⬇️

雪平明日香(広瀬アリス)は、水野遥斗(眞栄田郷敦)、小川智也(坂東龍汰)、下田莉子(長濱ねる)、吉幡和樹(綱啓太)たちと地元の花火大会を楽しんだ。その後、東京に戻る明日香は、実家に帰る遥斗と別れた。

東京に戻った明日香は、花音(中田青渚)から遥斗が帰って来ないという連絡を受ける。どうやら遥斗は道に迷ってしまったらしい。明日香は遥斗を探すため茨城に戻ろうとするが、タクシーがつかまらない。

一方、輝彦(北村一輝)と智津子(戸田菜穂)が車で遥斗を探しに行き、花音が『てるちゃん』で留守番をしていた。そこに遥斗が帰って来る。遥斗の傍には看護師の宮辺紗衣(夏子)がいた。花音は紗衣が遥斗を見つけてくれたと明日香に伝える。

ほっとする明日香だが、紗衣が自分たちの地元にいたことに疑問を持つ。翌日、明日香は遥斗に1人にしてしまったことを謝り、遥斗も心配をかけたことを詫びた。

遥斗の診察日、池沢友里(和久井映見)の診察を受ける遥斗を待つ間、明日香は紗衣に先日の件のお礼をする。そこで明日香は、紗衣が花火会場にいた理由を聞いた。そこに診察を終えた遥斗と花音が来た。2人も紗衣に礼を述べ、明日香は遥斗と仲睦まじく歩いて行く。

そんな明日香たちを紗衣が見送る。徐々に元の関係性を取り戻しつつある明日香と遥斗。その様子を見た花音は「また一から恋しちゃっているみたい、明日香さんに」と温かく見守る。

雪平明日香(広瀬アリス)は高校時代以降の記憶を失った水野遥斗(眞栄田郷敦)を支えつつ、クラリネット講師としての道を歩むことを決意する。一方、小川智也(坂東龍汰)は腕の故障で野球を諦め、家業の農業を継ぐ決断をする。遥斗が退院し、仕事に復帰する決意を固める中、彼は妹の花音(中田青渚)と同居を始める。

遥斗の退院と復職、そして明日香のクラリネット講師デビューを祝うため、明日香、遥斗、智也、下田莉子(長濱ねる)、吉幡和樹(綱啓永)はレストラン『パトリア』で集まる。この場には遥斗を支援する木嶋康介(岐洲匠)も加わる。食事会は楽しく進み、遥斗は仕事を再開するも、初めての業務は思うように進まない。

同時に、明日香は音楽教室の山浦久典(赤ペン瀧川)からクリスマスイベントの企画担当を任される。これを受け、新たな挑戦に向けて進む明日香は、仕事に慣れない遥斗を励ます。遥斗は職場での自分の立ち位置に苦しみながらも、木嶋から提案された『パトリア』のキッチンカー出店に積極的に関わることを決める。

雪平明日香(広瀬アリス)は、記憶を取り戻した水野遥斗(眞栄田郷敦)について、輝彦(北村一輝)、智津子(戸田菜穂)、花音(中田青渚)とともに池沢友里(和久井映見)から説明を受けることになる。

遥斗の取り戻した記憶は中学生までで、家族や幼馴染については認識しているが、それ以降の記憶は失われていた。友里は遥斗が最近の記憶を回復するかどうかは未知数であると述べ、徐々に日常生活に戻るようアドバイスする。その一環として、一時帰宅の準備が進められる。

明日香は、遥斗に携帯電話の使い方を教えるために小川智也(坂東龍汰)、下田莉子(長濱ねる)とともに病室を訪れる。

教えながら、遥斗は明日香に対して「ごめん、思い出せなくて」と謝罪する。明日香は「焦らなくてよい」と励ますが、内心は不安を感じている。

その後、帰宅途中の智也は莉子から彼女が恋人と別れたことを聞き、励ます役を務めるが、自身も会社の野球部でベンチ外となっていることを明かす。

別の日、病室を訪れた吉幡和樹(綱啓永)は遥斗とLINEを交換し、明日香が来ると冗談を交えて退室する。入れ違いに看護師の宮辺紗衣(夏子)が薬を届けに来た際、明日香は遥斗に紗衣の趣味であるイラスト描きについて教える。

その時、忘れていった和樹の携帯が鳴る。着信には以前和樹の会社で会った佐竹芽美(高田里穂)の名前が表示されており、明日香が電話に出ると芽美から特定の依頼があるという展開になる。

水野遥斗(眞栄田郷敦)が意識を取り戻すも、周囲の人々、家族さえも記憶から消えていた。遥斗は右半身に軽度の麻痺が見られ、失行症と記憶障害を抱えていた。記憶障害は特に、過去の体験や人物関係の記憶が失われるタイプだ。雪平明日香(広瀬アリス)、家族、そして池沢友里(和久井映見)らは遥斗の状態に動揺しつつも、回復を願って支え続ける。

その後、遥斗の病室には小川智也(坂東龍汰)と下田莉子(長濱ねる)も見舞いに訪れるが、遥斗は彼らのことも認識できずにいた。ある日、病室に置かれた一輪の花に気づいた明日香は、遥斗にその出所を尋ねる。遥斗はほんの少し話すようになり、「あの子。いつも来る」とだけ答える。それが誰なのか、不明なまま。

さらに数日後、病院を訪れた明日香が友里の忘れ物を届けにきた友里の娘・菫(宮崎莉里沙)と出会う。その場で、脳外科病棟に向かう少年として阿久津翔(中村羽叶)が現れる。彼は菫の同級生であり、遥斗が以前助けた少年だったのだ。

水野遥斗が入院してから3カ月が経ち、意識不明のままだ。 遥斗の恋人である雪平明日香は、彼が目覚める日を信じ続け、献身的に添っている。今働いており、いつか、同僚たちがチャリティーコンサートの準備をしているのを目撃する。 明日香も参加を勧められるが、彼女は参加を断る。

その後、病院で遥斗に話しかける明日香の前に、友人の下田莉子小川と智也がやって来た。莉子は彼女の婚約を明日香に報告し、カラー智也は複雑な感情を抱いている様子だ。遥斗と過去にトラブルがあった吉幡和樹も、彼が通い続けていた店『パトリア』を訪れ計画を立てている。

雪平明日香(広瀬アリス)は、意識不明の恋人・水野遥斗(眞栄田郷敦)のそばにいる決心をする。遥斗の両親、輝彦(北村一輝)と智津子(戸田菜穂)や妹の花音(中田青渚)も、明日香の強い思いに感銘を受ける。

ある日、明日香が病院を出る際、遥斗と共通の友人である吉幡和樹(綱啓永)に遭遇するが、和樹は突然立ち去る。このことを友人の下田莉子(長濱ねる)に話すと、莉子は遥斗が和樹の話題になると変わった様子を見せていたと伝える。明日香は遥斗と和樹の間に何か秘密があるのではないかと疑う。

その後、遥斗の妹・花音から診断書を託された明日香は、遥斗の勤め先の同僚・木嶋康介(岐洲匠)と出会う。木嶋は遥斗が準備していた飲食店を引き継ぎ、遥斗が特にこだわっていた店舗の壁面を飾るアート作品のことを明日香に尋ねる。遥斗は以前、そのアート作品について「見たら絶対感動する」と言っていたが、具体的な内容は明日香には伝えられていなかった。

このことから、明日香は遥斗の残した想いを形にするため、彼がこだわったアート作品を見つけ出そうと決意する。

高校時代、雪平明日香と水野遥斗は互いに片思いしていたが、誤解とすれ違いで恋は実らなかった。12年後、再会し相思相愛だったと知り交際を始める。

しかし、初デートの日に遥斗が事故に遭い、病院で緊急手術を受ける事態に。明日香は病院で事情を聞こうとするが、詳細は不明だった。

遥斗の両親と共に、手術を担当した医師から説明を受ける。遥斗は橋から落ちそうになった子供を救おうとして事故に遭った。明日香はデートの約束を悔やむが、遥斗の両親は彼女を慰める。

12年前、高校2年の雪平明日香は吹奏楽部に所属し、野球部の水野遥斗を応援していた。明日過ごした。香は遥斗に思いを寄せていたが、高校時代にはその想いを伝えられなかった。

大学卒業後、明日香はオカベ音楽教室で働き始めた。 やがて、友人の莉子との飲み会で、自分たちの高校が廃校になるため、同窓会が見れることを知る。ないと言うが、明日香はあまり気にしていないように振る舞う。

同窓会の日、故郷の駅に着いた明日香は懐かしい町を歩き、高校へ向かう。 教室で友人たちと再会し、近況を話しながら、ジュースをこぼしてしまう。 「久しぶり」と声をかけられると、思い出したそこには来るはずのなかった遥斗の姿が・・・

366日の相関図

画像引用元:366日 フジテレビ公式サイト

366日のキャスト

  • 雪平明日香:広瀬アリス
  • 水野遥斗:眞栄田郷敦
  • 小川智也:坂東龍汰
  • 下田莉子:長濱ねる
  • 吉幡和樹:綱 啓永
  • 宮辺紗衣:夏子
  • 水野花音:中田青渚
  • 滝本竜也:中沢元紀
  • 戸田彩乃:清乃あさ姫
  • 池沢友里:和久井映見
  • 静原吾朗:前田公輝
  • 水野智津子:戸田菜穂
  • 水野輝彦:北村一輝

366日公式X

366日の公式Xはこちら

366日公式Instagram

366日の公式Instagramはこちら

366日公式TikTok

366日の公式TikTokはこちら

366日の主題歌

録画機能付きレコーダーで見る方法

どうしても【366日】を見たい方は録画予約機能が出来るレコーダー購入をおすすめします。下記の商品はスマホで録画予約ができ、スマホで録画した番組又は録画中の番組が外出中でも見れます。

一度、録画しておくと、いつでもどこでも見れるので非常に便利です。

おすすめBlu-rayレコーダー

楽天市場(おすすめ商品)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の詳細はこちら

\976円/月 申込はこちら/

おうちで動画配信を大画面で見るならチューナーレステレビ

大画面で映画や動画を楽しみたいけれど、テレビではNHK受信料を払わなければならない。受信料を払いたくないあなたにぴったり!チューナーレステレビが解決策です。ケーブルやインターネットを利用して、お気に入りのコンテンツを自由に楽しめます。大画面の鮮やかな映像をお家で堪能。理想のエンターテイメント体験を、チューナーレステレビで実現しましょう!

チューナーレステレビとは?

地上波を受信するチューナーがなく、インターネットの動画視聴に特化したテレビのことを指します。一般的なテレビと比べて価格が安いため、テレビ番組を頻繁に見ない方や、動画配信サービスのみを楽しみたい方におすすめです。

単独で地上波・BS・CS放送の視聴はできませんが、YouTube・Netflix・Amazon Primeなどインターネットを介しての映像コンテンツを大画面で楽しめるのが特徴です。

チューナーレステレビの詳細はこちら

コメント