PR

【アンメット ある脳外科医の日記】を見逃した!見逃し配信で見る方法は?

【アンメット ある脳外科医の日記】を見逃した!見逃し配信で見る方法は? 見逃し配信
記事内に広告が含まれています。

「アンメット ある脳外科医の日記」は、2024年4月15日(月)22:00からスタートした関テレ・フジテレビ系のドラマです。主演は杉咲花さんで、記憶障害の脳外科医、川内ミヤビ役を演じています。

このドラマは、過去2年の記憶をなくし、新たに得た記憶が日ごとに消えてしまうという深刻な後遺症を持つ脳外科医の復活を描いています。主人公のミヤビは、毎日朝5時に起床し、机上に置かれた日記を読むことで失われた記憶を再確認し、そこから1日がスタートします。そんな「アンメット ある脳外科医の日記」を見逃したあなた、見逃し配信で見る方法を調べてみました。

スポンサーリンク

結論

結論

現在、「アンメット ある脳外科医の日記」はTverFODプレミアムNetflixで配信されています。ただし、Tverは無料で見れますが期間限定の為、お早めに視聴することをおすすめします。

スポンサーリンク

アンメット ある脳外科医の日記を動画配信サービスで見れるのはこちら

動画配信サービスURL料金   
(税込)
視聴できる?無料体験
TVer無料無料配信
ABEMAプレミアム 960円×無料配信あり
Hulu1,026円×あり:2週間
 Amazonプライムビデオ500円×あり:1か月間
 Netflix1,490円あり:1か月間
 Lemino990円×あり:1か月間
  U-NEXT2,189円×あり:1か月間
 FODプレミアム976円あり1か月間
TELASA618円×あり:2週間
スポンサーリンク

アンメット ある脳外科医の日記のあらすじ

画像引用元:アンメット ある脳外科医の日記公式サイト

ミヤビ(杉咲花)は激しい頭痛に襲われて倒れた。検査の結果、病気が再発し、進行すれば意識障害が出る可能性が高いことが判明した。脳梗塞が完成すれば命に関わる危険な状況に陥る。

三瓶(若葉竜也)は、すでに記憶が数時間しか保てないミヤビに対し、症状が進行するなら手術を任せてほしいと伝えるが、ミヤビは手術を拒否する意志を固く持っていた。三瓶はあきらめず、限られた時間でノーマンズランドの0.5㎜以下の血管を吻合できるよう練習に没頭する。

しかし、津幡(吉瀬美智子)はミヤビの気持ちを察し、「彼女が望んでいることをしてあげて」と三瓶に助言する。これを受けて三瓶はある決意を固める。

ミヤビは過去2年間の記憶を失い、今日のことも明日には忘れてしまうという記憶障害を抱えていた。それでも毎日日記を頼りに明るく前向きに生き、多くの患者に寄り添ってきた。しかし、彼女の今日が明日に繋がらなくなる恐れがある。

命の危機に瀕するミヤビと、彼女を救おうとする三瓶。二人を待ち受ける未来は——。

一過性健忘の症状が現れ、突然三瓶(若葉竜也)のことが分からなくなったミヤビ(杉咲花)。今回は軽い発作で済んだが、大迫(井浦新)は三瓶にミヤビの病状を詳しく伝え、手術の危険性から絶対に手を出さないよう警告した。

数日後、絵描きの柏木周作(加藤雅也)が公園でてんかん発作を起こし、丘陵セントラル病院に運ばれてくる。周作は最悪性の脳腫瘍を患い、全ての治療を試みたが、もはや手の施しようがない状態であった。やがて彼は記憶も失い始め、妻・芳美(赤間麻里子)のことすら分からなくなっていく。その姿を見て、ミヤビは自分もこの先、何もかも忘れてしまうのではないかと不安に駆られる。

一方、三瓶は大迫の元で見た精細な脳のMRI画像を思い出していた。ミヤビの記憶障害の原因は、手術が命に関わる領域「ノーマンズランド」にあり、無理に手術をすれば命に関わる。しかし、このまま放置して再発すれば同じ結果を招く。葛藤する中で、三瓶は手術の練習に没頭する。

そんな中、ミヤビはある決意を口にする。

ミヤビ(杉咲花)は、過去に三瓶(若葉竜也)、綾野(岡山天音)、麻衣(生田絵梨花)と4人で食事をしたことを思い出し、麻衣が三瓶との婚約について何か知っているのではないかと考える。自宅で餃子パーティーをしながら麻衣に尋ねると、その記憶は南アフリカのケープタウンで三瓶と初めて会った時のものだと分かる。

当時、ミヤビと三瓶がよく2人で行動していたのは事実だが、それは綾野からのアプローチをかわすための嘘が始まりだったという。婚約については麻衣も詳しく知らず、真実を知るのは三瓶ただ1人であることが明らかになる。ミヤビはついに三瓶本人に向き合おうと決意する。

そんな中、偶然西島(酒向芳)と出くわしたミヤビは、西島の隣を歩く鵜原建設の押尾晴人(黒田大輔)を見て足がすくむ。理由は分からないが、とてつもない恐怖を感じたのだ。戻ってきたミヤビの様子に異変を感じ、話を聞いた三瓶は…。

一方、麻衣から「大迫教授はミヤビちゃんに言ってないことがある」と聞いたミヤビは大迫(井浦新)の元を訪ねる。一度は何も答えなかった大迫だったが、あることをきっかけにミヤビを改めて呼び出し、「全部話すよ」と自分の思いを語り始める。

関東医科大学病院の建て替えに際し、西島(酒向芳)が綾野病院を利用するつもりだと知った麻衣(生田絵梨花)は、ある決意を固め、綾野(岡山天音)との結婚をやめると言い出す。しかし、麻衣との結婚で西島グループの傘下に入らなければ、多額の借金を抱える綾野病院は確実に倒産する。麻衣の真意が分からない綾野は、突然の婚約解消に困惑する。

息子の結婚の裏事情を知った綾野の父・勲(飯田基祐)は、経営再建のために過疎地医療を廃止することに猛反発する。綾野は必死に説得を試みるが、勲の決意は固い。

そんな中、往診に出かけた勲が交通事故で頭部に外傷を負い、丘陵セントラル病院に運び込まれる。手術はミヤビ(杉咲花)たちの手によって無事に終わるが、勲には「社会的行動障害」という後遺症が残り、喜怒哀楽を抑えられなくなる。しばらくの間、勲に代わって綾野が過疎地の診療所へ通うことになる。

抗てんかん薬を増やしたことで、断片的ではあるものの前日のことを覚えていられるようになったミヤビ(杉咲花)。この変化に、本人はもちろん、森(山谷花純)や成増(野呂佳代)ら、ミヤビを支えてきた医局のメンバーも喜んでいた。しかし、三瓶(若葉竜也)だけは記憶障害の改善の仕方に違和感を覚え、表情が晴れない。

そんななか、ミヤビのお祝いも兼ねて、高美武志(小市慢太郎)が営む居酒屋『たかみ』を訪れた一同は、料理の味がいつもより濃いことに気づく。ミヤビの勧めで高美が検査を受けると、脳に髄膜種という腫瘍があり、その影響で嗅覚が落ちて味つけが濃くなったことが分かる。

手術は可能だが、腫瘍切除の際に神経が傷ついて嗅覚を失う可能性が高く、難易度が極めて高い。しかし手術をしなければ、命に関わる可能性がある。料理人として究極の選択を迫られた高美は…。

一方、ミヤビは前日の記憶が残っているものの、その内容に間違いが多いことに気づく。ついには治療中に患者を取り違えそうになり、恐怖で立ち尽くす。三瓶は、脳の中で記憶がすり替わる「記憶錯誤」が起きている可能性を示唆するが、治療法は解明されていないという。

新たな壁に悩まされながらも、高美に寄り添いたいと思うミヤビは…。

脳出血の過去を持つ山本健太郎(鈴之助)がてんかん発作を起こし、病院に運ばれる。そのため、再発防止のため抗てんかん薬の処方が始まる。一方、てんかんの発作がないにも関わらず、予防として同薬を処方されているミヤビ(杉咲花)の状況が明らかになる。これを知った三瓶(若葉竜也)は、ミヤビが記憶障害を持つ背景に何か別の理由があるのではないかと疑念を抱く。

その疑惑を探るため、津幡(吉瀬美智子)が星前(千葉雄大)に依頼し、大迫(井浦新)の部下綾野(岡山天音)から情報を得ようとするも、事態はより複雑化する。三瓶が正しければ、大迫がミヤビに重大な嘘をついていたことになり、ミヤビ自身もその事実を信じ難い状況に陥る。しかし、三瓶は大迫の嘘を証明する証拠を見つけ、静かに怒りを募らせる。

一方で、抗てんかん薬の影響で夜勤の削減を求める山本だが、上層部からは特別扱いを拒否される。彼の状況に同情したミヤビは、山本を助けるために大胆な行動を起こすことに決める。

寺の住職である成海が読経中に意識を失い、検査の結果「もやもや病」と診断される。この病気は脳梗塞や脳出血を引き起こす危険性があり、主治医のミヤビからはお勤めの停止を勧められる。これは事実上の引退勧告であり、成海はその宣告を受け入れるが、弟子の碧聴は不安を抱える。

成海の手術が決定し、三瓶はミヤビを主治医として指名するが、ミヤビ自身はもやもや病の手術の難易度の高さを理由に自信のなさを表す。しかし、三瓶は「川内先生ならできる」とミヤビを信じ押し切る。その一方で、ミヤビは他の医師から三瓶を信用しないよう警告されており、葛藤する。

星前は全科で専門医を目指しており、自分も脳外科の手術に関わりたいと願い出るが、三瓶に断られる。星前は専門外の知識も身につけたいという意志を持ち、その考え方を「専門バカ」と批判し、患者の利益を第一に考える姿勢を見せる。

しかし、三瓶はその考えを否定し、二人の間には緊張が生じる。星前の背景には、さらなる理由が隠されていることが示唆される。

三瓶(若葉竜也)が行った検査によれば、ミヤビ(杉咲花)の脳に重度の記憶障害を引き起こすほどの損傷は見られなかった。この結果には三瓶もミヤビも困惑するが、ミヤビが相談を持ちかけた大迫(井浦新)は三瓶の見立てに疑問を投げかけ、「危険な医者」とまで評する。この状況に納得がいかない三瓶は、大迫のオフィスを訪れることに。しかし、そこで秘書の麻衣(生田絵梨花)から大迫の不在を知らされる。

帰路につこうとした三瓶は、院内で7歳の入院患者である少年に出会う。この少年との出会いが、後に三瓶と大迫との間で起こる激しい対立のきっかけとなる。

一方で、ミヤビはロボット工学研究者の加瀬誠(前原瑞樹)を担当することに。加瀬は脳内に破裂の恐れのある動脈瘤を抱えており、治療には高いリスクが伴う。加瀬自身、手術後の後遺症というリスクと向き合いながらも、妻と子を支える責任感と戦う。ミヤビは加瀬に寄り添い、綾野(岡山天音)というカテーテル専門医と協議を重ねる。綾野からは、ミヤビに対して予想外の言葉が投げかけられる。それはミヤビの治療方針に新たな展開をもたらすことになる。

ミヤビが記憶障害を持っている中、三瓶から「私は婚約していました」という驚きの事実が告げられる。 この突然の告白にミヤビは動揺し、日記に記録すべきかどうか心配する。星前からミヤビと三瓶のツーショット写真を見せられ、ミヤビの沈黙はさらに評価されます。

津幡は、患者の安全を第一に考え、ミヤビが手術に参加するべきではなく主張して直談判したらしい。津幡のこの行動には回復もあり、星前は藤堂に通院するが、藤堂は津幡が患者の安全を考慮して特別な理由があると説明する。

三瓶(若葉竜也)の助手として手術に参加した記憶障害のあるミヤビ(杉咲花)の行動が波紋を呼ぶ。ミヤビの主治医、大迫(井浦新)はこの行為を「危険極まりない」と院長の藤堂(安井順平)に強く抗議し、看護師長の津幡(吉瀬美智子)もこれに賛同する。その批判を受け、ミヤビは焦らずに自分にしかできないことを見つけようと決意する。

その頃、サッカー強豪校のエースである高校生・鎌田亮介(島村龍乃介)が試合中に倒れ、救急搬送される。検査の結果、亮介は右脳を損傷し、「左半側無視」という重い後遺症が残ることが明らかになる。亮介は、左側の感覚を完全に失い、直進することさえ困難な状態だが、サッカーへの情熱を捨てず、リハビリに励む。ミヤビは彼のリハビリをマンツーマンで支えるが、やがて亮介に辛い現実を伝える時が来る。

一方、自身の記憶障害に不安を感じるミヤビに対し、三瓶は「僕がそばにいます」と励まし、医者としてのサポートを約束する。この言葉にミヤビは何故か動揺し、自分の感情の正体が分からず、日記を読んで首をかしげる。

1年半前の事故で脳を損傷し、過去2年の記憶を失った川内ミヤビ(杉咲花)は、毎朝5時に起き、机の上の日記を読みながら記憶を取り戻す日々を送っている。ミヤビは新しい記憶も1日限りで、寝て起きると前日の記憶が消えてしまう記憶障害に苦しんでいる。彼女は現在、丘陵セントラル病院で看護助手として勤務しており、医療行為は行わない。

新たに着任した脳外科医・三瓶友治(若葉竜也)が到着し、ミヤビが院内案内をしていると、女優の赤嶺レナが急患として運び込まれる。レナは脳梗塞で緊急治療が必要となり、夫でマネージャーの江本博嗣の同意を得て治療が開始される。三瓶はミヤビにも手伝うよう指示するが、看護師長の津幡玲子(吉瀬美智子)によって制止される。治療後、救急部長の星前宏太(千葉雄大)からミヤビの記憶障害を聞かされた三瓶は、レナが治療から覚めたものの失語症を発症していることを知る。

ミヤビは自分の限界を感じつつも、三瓶から「人手不足だからできることはやってもらう」と促され、医師としての診察や診断に関わるようになる。これには院長の藤堂利幸(安井順平)も関わり、ミヤビが医師として復帰するためのサポートが行われる。この過程でミヤビは自分の能力と記憶障害との間で葛藤し続けるが、医療現場で必要とされることに徐々に自信を取り戻していく。

アンメット ある脳外科医の日記の相関図

アンメット ある脳外科医の日記の相関図
画像引用元:アンメット ある脳外科医の日記公式サイト
アンメット ある脳外科医の日記の相関図
画像引用元:アンメット ある脳外科医の日記公式サイト
アンメット ある脳外科医の日記の相関図
画像引用元:アンメット ある脳外科医の日記公式サイト

アンメット ある脳外科医の日記のキャスト

  • 川内ミヤビ:杉咲花
  • 三瓶友治:若葉竜也
  • 綾野楓:岡山天音
  • 西島麻衣:生田絵梨花
  • 森陽南子:山谷花純
  • 風間灯織:尾崎匠海(INI)
  • 新井小春:中村里帆
  • 藤堂利幸:安井順平
  • 成増貴子:野呂佳代
  • 星前宏太:千葉雄大
  • 高美武志:小市慢太郎
  • 西島秀雄:酒向芳
  • 津幡玲子:吉瀬美智子
  • 大迫紘一:井浦新

アンメット ある脳外科医の日記公式X

アンメット ある脳外科医の日記の公式Xはこちら

アンメット ある脳外科医の日記公式TikTok

アンメット ある脳外科医の日記の公式TikTokはこちら

アンメット ある脳外科医の日記の主題歌

主題歌:あいみょん「会いに行くのに」

録画機能付きレコーダーで見る方法

どうしても【アンメット ある脳外科医の日記】を見たい方は録画予約機能が出来るレコーダー購入をおすすめします。下記の商品はスマホで録画予約ができ、スマホで録画した番組又は録画中の番組が外出中でも見れます。

一度、録画しておくと、いつでもどこでも見れるので非常に便利です。

おすすめBlu-rayレコーダー

楽天市場(おすすめ商品)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の詳細はこちら

その他のBlu-rayレコーダーはこちらでチェック

\976円/月 申込はこちら/

おうちで動画配信を大画面で見るならチューナーレステレビ

大画面で映画や動画を楽しみたいけれど、テレビではNHK受信料を払わなければならない。受信料を払いたくないあなたにぴったり!チューナーレステレビが解決策です。ケーブルやインターネットを利用して、お気に入りのコンテンツを自由に楽しめます。大画面の鮮やかな映像をお家で堪能。理想のエンターテイメント体験を、チューナーレステレビで実現しましょう!

チューナーレステレビとは?

地上波を受信するチューナーがなく、インターネットの動画視聴に特化したテレビのことを指します。一般的なテレビと比べて価格が安いため、テレビ番組を頻繁に見ない方や、動画配信サービスのみを楽しみたい方におすすめです。

単独で地上波・BS・CS放送の視聴はできませんが、YouTube・Netflix・Amazon Primeなどインターネットを介しての映像コンテンツを大画面で楽しめるのが特徴です。

チューナーレステレビの詳細はこちら

コメント