PR

街並み照らすヤツらを見逃した!見逃し配信で見る方法は?

街並み照らすヤツらを見逃した!見逃し配信で見る方法は? 見逃し配信
記事内に広告が含まれています。

「街並み照らすヤツら」は、2024年4月27日(土)22:00から日本テレビで放送されているテレビドラマです。SixTONESのメンバーである森本慎太郎さんが初主演を務めます。このドラマは、仲間のため、街のために巻き起こす、怒涛のヒューマンエンターテインメントとして、視聴者を楽しませています。そんな「街並み照らすヤツら」を見逃したあなた、見逃し配信で見る方法を調べてみました。

スポンサーリンク

結論

結論

現在、「街並み照らすヤツら」はTverHuluで配信されています。ただし、Tverは期間限定の為、お早めに視聴することをおすすめします。

スポンサーリンク

街並み照らすヤツらを見逃し配信で見れるサービスはこちら

動画配信サービスURL料金   
(税込)
視聴できる?無料体験
TVer無料無料配信
ABEMAプレミアム 960円×無料配信あり
Hulu1,026円あり:2週間
 Amazonプライムビデオ500円×あり:1か月間
 Netflix1,490円×あり:1か月間
 Lemino990円×あり:1か月間
  U-NEXT2,189円×あり:1か月間
 FODプレミアム976円×なし
TELASA618円×あり:2週間
スポンサーリンク

街並み照らすヤツらのあらすじ

画像引用元:街並み照らすヤツら 日本テレビ公式サイト

あらすじを見たい方はこちら⬇️

裁判の判決を翌日に控えた保釈中の正義(森本慎太郎)は、彩(森川葵)と共にケーキ作りに大忙しだ。今日は商店会のみんなを店に招き、今までの感謝と謝罪の気持ちを込めてケーキをごちそうする計画である。

開店と同時に街のみんなが続々と店にやって来る。莉菜(月島琉衣)、龍一(皆川猿時)、園田(円井わん)、そして街を出て行った向井(竹財輝之助)の姿もある。さらに、偽装強盗で出会った刑事の澤本(吉川愛)やシュン(曽田陵介)、マサキ(萩原護)も駆けつけて、店は大にぎわいとなる。

正義と彩は、来てくれた一人一人に、それぞれをイメージして作ったオリジナルケーキを振る舞っていく。一方、荒木(浜野謙太)は、自分の店で一人寂しくビールをあおっていた。街のためとはいえ、正義一人に責任を押し付けようとしてしまったことが後ろめたく、みんなの前に顔を出せないのだ。そんな彼のもとに日下部(宇野祥平)が訪ねて来る。

その中、正義の店には商店会長の大村(船越英一郎)と息子の光一(伊藤健太郎)が現れ、和やかなムードが一変する。「この商店街は、なくなります」。光一の無情な宣告が商店街に響き渡る。

当たり前のようにケーキを食べて、当たり前のようにおいしいと思える…。そんな平和な毎日がみんなに訪れることを願いつつ、正義に下される判決はどうなるのか。そして商店街の未来はどうなるのか。運命の最終話が幕を開ける。

「もう一緒にいない方がいい」――警察から逃げきれないと悟った正義(森本慎太郎)は、彩(森川葵)に離婚届を突き付けた。「これ以上、彩を巻き込みたくない。彩には幸せになってほしい…」と涙ながらに別れを告げ、一人で警察に向かう。

正義の自首は瞬く間に商店街に広まり、店主たちは大困惑する。荒木(浜野謙太)は自分も捕まってしまうのではないかと震え、シュン(曽田陵介)は残された彩のことが気がかりで心配する。街の再開発をもくろむ光一(伊藤健太郎)も正義の逮捕で焦り始める。正義が再開発のために店主たちを脅迫していたことを話せば、自分も捕まってしまうからだ。光一はそうならないように根回しを始める。

しかし、正義は「全部自分がやった」とウソの供述をする。真実を知る澤本(吉川愛)が「商店街の人を助けるために偽装強盗に手を貸した。そうでしょ?」と修正しようとしても、正義は頑として首を縦に振らない。商店街を守るために、たった一人で責任を背負い、運命の裁判に臨むのだ。

全ての罪をかぶって法廷に立つ正義。しかし、本当にこれが正しいのか?幸せになる道は他にないのか?最終回直前、ついにみんなの心が一つになる…魂揺さぶる第9話!

商店街を襲った強盗犯に指示を出していたのは、正義(森本慎太郎)と偽装強盗を働いたことのあるマサキ(萩原護)だった。もしマサキが警察に捕まったら、偽装強盗のことも全てバレてしまう。なんとしてもマサキを警察から守らなければならない。

そんな正義たちの思いをよそに、逃げたマサキは刑事の日下部(宇野祥平)と鉢合わせして絶体絶命の状況に陥る。一方、澤本(吉川愛)は正義と彩(森川葵)の仲を引き裂くためには正義を逮捕するのが一番だと考え、捜査会議の席で「竹野正義は経営の苦しいケーキ店を守るために、保険金詐欺をしたんです!」と真実を明かしてしまう。

大ピンチの正義は、警察の目をかいくぐりながらみんなを守る方法を探して奔走する。たとえ偽装強盗がバレても、誰も捕まることなく警察に納得してもらえる落としどころを模索する。

正義は街のみんなに意見を求めるが、龍一(皆川猿時)は相変わらず何も考えておらず、莉菜(月島琉衣)は学校のことで頭がいっぱいで、園田(円井わん)は他人事のように振る舞う。みんな自分のことばかり考えているのだ。切羽詰まった正義は、恥も外聞もかなぐり捨てて大村(船越英一郎)に助けを乞う。

警察から逃亡しながらも、みんなにとって良い方法を模索して駆けずり回る正義。世の中に蹴っ飛ばされても、踏んづけられても、みんなが幸せになるために正義が苦渋の決断を下す。

正義(森本慎太郎)は警察に追跡されながら逃亡を続ける一方、商店街では“本物”の強盗事件が発生する。謎の覆面集団に襲われた荒木(浜野謙太郎)が重傷を負い、商店会の会長・大村(船越英一郎)も意識不明の重体となった。

刑事の日下部(宇野祥平)は、大村に恨みを持つ正義たちによる“商店街ぐるみ”の犯行だと決めつけ、澤本(吉川愛)は正義の立場がますます危くなることに不安を抱く。さらに、大村の息子・光一(伊藤健太郎)も「どうせ犯人は商店街のヤツラ」と意気込み、探偵のトミヤマ(森下能幸)に犯人捜しを依頼する。

一方、実家にこもり続ける彩(森川葵)にはシュン(曽田陵介)が押し掛けていた。彩は恐怖に震えながらも、ある決断をする。

そんな中、正義は強盗事件の噂を聞きつけて喜んで商店街に戻ります。このままでは社会的に濡れ衣を着せられ、偽装強盗もバレてしまう。居ても立ってもいられない正義は店主たちを緊急招集し、「みんなで、本物の強盗を捕まえましょう」と提案する。

自分の考えを表明するため、正義が打ち出す作戦とは何か?真犯人は誰なのか?正義に思いを抱く本も暴走を始める波乱の第7話である。

正義(森本慎太郎)と荒木(浜野謙太)が放火の疑いで警察に捕まった。2人は火災保険目当てのツチヤから放火を頼まれ倉庫に侵入したが、火を付ける直前にホームレスの遺体を発見した。あたふたしている間にいつの間にか火の手が上がり、訳が分からずその場を逃げ出したものの、荒木が現場周辺で警察に見つかってしまった。

口裏合わせをする時間もなく、正義と荒木は警察署で別々に取り調べを受けることに。「2人で何してたの?」と刑事の日下部(宇野祥平)に問い詰められ、絶体絶命の正義。そんな正義に好意を寄せる澤本(吉川愛)は、日下部の邪魔をしようと画策するが…。

「全ての崩壊の始まりかもしれないぞ」――正義と荒木が警察に捕まったことで、商店街の店主たちは戦々恐々。莉菜(月島琉衣)も2人が放火の罪を犯したことにショックを受けてしまう。一方、家出した彩(森川葵)は実家にこもり、正義から何の連絡もないことに不満を募らせる。

そんな中、放火事件が急展開を迎える。意外な真相が発覚し、放火事件の裏に隠された一体何が明らかになるのか。窮地の正義を巡って彩と澤本のバトルが勃発。さらに、商店街を恐怖のドン底に突き落とす大事件が発生する。新展開の第6話。

「偽装強盗をバラされたくなければ、今すぐ街を出て行け」――。

商店街を挙げてのイベントが近づくなか、保険会社に脅された店主たちが次々と夜逃げし、不安に駆られる正義(森本慎太郎)。時計店の向井(竹財輝之助)の話では、商店会長の大村(船越英一郎)と息子・光一(伊藤健太郎)が保険会社と結託し、再開発のために商店街をつぶそうとしているという。「俺はもう出ていくよ」…警察の目を気にする向井も店を畳んで街を去ってしまう。

一方、彩(森川葵)は、相次ぐ強盗事件が正義たちによるヤラセだったと知って怒り心頭!問い詰められた正義は「俺と彩の生活のためだよ」と必死に弁明するが、怒りが収まらない彩は我慢の限界に達する。

そんな中、正義と荒木(浜野謙太)のもとに新たな依頼者が現れる。しかし今度の依頼は、偽装強盗よりも危険なものだった。もう一度、人が集まる街にしたいという願いを抱く正義だが、自分のやり方が本当に正しいのか迷い始める。

最悪の事態が待ち受ける中、正義はどのような決断を下すのか。怒涛の第5話に期待が高まる。

商店街の偽装強盗がエスカレートする中、警察が捜査を強化し始めた。 正義(森本慎太郎)は、時計店の向井(竹輝財之助)からリーダーとしての役割を求められ、仕方なく店主たちに注意を表明するが、店主たちの生き生きとした姿に何も言えない。

一方、正義のリーダーシップに不満を持つ荒木(浜野謙太)は、自分が偽装強盗のアイデアを出して主張し、納得がいかない様子を見せる。

彩(森川葵)は強盗に遭ってから笑顔を楽しみ、不安の恐怖に不安を募らせていたが、シュン(曽田陵介)といる時だけは笑顔を取り戻す。出没し、不穏な空気が流れる中、店主たちは更に大胆な行動をとる。正義は「このままでは本当に死人が出る」と危機感を募らせ、荒木は自らがリーダーであるかのように行動を起こす。

その裏で、商店会長の息子・光一(伊藤健太郎)は自分の利益のためにくどい計画を進めており、商店街は崩壊の危機に瀕している。光一の計画とその影響が、これからどのように展開するかが注目される。

正義とその仲間たち、保険金目当ての偽装強盗を繰り返していたが、その事実が街の店主たちに蔓延り始める。妻・彩が商店会長・大村と優しい接客をしているのを見て、不安を感じてしまう。

そんな中、時計店を営む向井が正義の下を訪れ、「強盗被害の金は出たか」と思い、自分も偽装強盗を行いたいと持ちかけた。 向井はインターネット販売で収益を伸ばしていたが、詐欺に遭い大村に助けを求めても無視され、恐怖感を募らせていた。 彼は保険金を利用して大村に対抗しようと考え、正義に協力を求める。

正義は向井の提案を受け入れ、荒木と俊を思い切って新たな偽装強盗を計画するが、危険なミスを犯し、警察の注意を払ってしまう。この間に、大村に不満を抱いている他の店主たちも動き出すが、事態は思わぬ方向へと発展する。 さらに、彩と旬の関係も変化していく中で、商店街は大きな動きに見舞われる。

シャッター商店街のケーキ店『恋の実』で廃業の危機に直面している正義(森本慎太郎)は、経済的な窮地を脱するため、幼なじみの荒木(浜野謙太)にそそのかされ、保険金を得るための偽装強盗に手を染めてしまう。計画は成功し、一時的には店の将来が保たれる見込みだった。しかし、その秘密は意外な形で露見することになる。

近所の酒屋の娘・莉菜(月島琉衣)がたまたまその偽装強盗の事実を知り、自らも似た状況に陥っていた。彼女は父・龍一(皆川猿時)のだらしない振る舞いに苦しんでおり、大学進学の資金を得るため、そして父を反省させるためにも、同じ方法で保険金を得ようと計画する。莉菜は正義たちに「うちの店にも、強盗してほしいんです」と衝撃的な依頼をする。

荒木はこの新たな依頼に乗り気だが、一方で、正義はこれ以上のリスクを背負いたくないと参加を拒否する。正義の妻・彩(森川葵)は、偽装とはいえ実際に「強盗」に遭遇したことがトラウマとなり、家にも店にも居場所を見つけられずにいる。彩はバイト先のスナックで心の支えを求め、そこで客として現れたシュン(曽田陵介)に優しくされ、急速に親しくなる。

一方で、荒木たちは正義抜きで莉菜の家の偽装強盗の準備を進めるが、計画はスムーズに進まず、予期せぬトラブルが発生する。この連鎖する問題がどのような結果を招くのか、正義たちの運命が再び大きく動き始める。

父から引き継いだケーキ店『恋の実』をどうしても守りたい正義(森本慎太郎)は、困窮する中で幼なじみの荒木(浜野謙太)から意外な提案を受ける。荒木は「俺がお前の店に強盗に入ってやる」と偽装強盗の計画を持ちかける。この計画が成功すれば、保険金を得て借金が返済できるかもしれない。犯罪行為に手を染めることに葛藤しながらも、店を守るために正義は荒木の提案に乗ることを決意する。

計画を進めるにあたり、荒木は自身が経営するビリヤード場の常連であるシュン(曽田陵介)とマサキ(萩原護)を助っ人として呼び寄せる。しかし、この二人は真剣さを欠いており、準備もままならない。計画当日、サンタの帽子をかぶった荒木たちが登場すると、さらに状況は混迷を極める。強盗を装いながらも、不手際が重なり、正義の不安は募るばかりだ。

さらに、計画には予想外の事態が発生する。店で寝ていたはずの彩が下に降りてきて、強盗と遭遇し、パニックに陥る。その最中、マサキは動揺して正義を誤って刺してしまい、シュンは彩に一目惚れするなど、計画は完全に狂い始める。それでもなんとか店の器具を壊し、荒木たちは退散する。

事件後、地元の刑事・澤本(吉川愛)と日下部(宇野祥平)による捜査が開始される。正義は事件が「本物」と認定されれば保険金を得て店を立て直せると期待していたが、強盗事件に怯える彩は引っ越しを望み始める。さらに問題は、シュンとマサキが予定通りに街を離れないことだ。彼らがいつまでも街にいることで、計画が露見する可能性が高まり、正義の不安はさらに増大する。

そんな中、酒屋の娘・莉菜(月島琉衣)が現れ、「うちの店にも入ってもらえませんか? 強盗してほしいんです」と衝撃的な提案をしてくる。偽装強盗の事実が知れ渡り始め、正義の計画は更なる波乱を迎える展開となる。

街並み照らすヤツらの相関図

画像引用元:街並み照らすヤツら 日本テレビ公式サイト
画像引用元:街並み照らすヤツら 日本テレビ公式サイト
画像引用元:街並み照らすヤツら 日本テレビ公式サイト

街並み照らすヤツらのキャスト

  • 竹野正義 – 森本慎太郎(SixTONES)
  • 深川莉菜 – 月島琉衣
  • 荒木太一 – 浜野謙太
  • 澤本絵梨香 – 吉川愛
  • シュン – 曽田陵介
  • マサキ – 萩原護
  • 日下部茂利 – 宇野祥平
  • 深川龍一 – 皆川猿時
  • 竹野彩 – 森川葵
  • 大村一郎 – 船越英一郎

録画機能付きレコーダーで見る方法

どうしても【街並み照らすヤツら】を見たい方は録画予約機能が出来るレコーダー購入をおすすめします。下記の商品はスマホで録画予約ができ、スマホで録画した番組又は録画中の番組が外出中でも見れます。

一度、録画しておくと、いつでもどこでも見れるので非常に便利です。

おすすめBlu-rayレコーダー

楽天市場(低価格商品)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の詳細はこちら

その他のBlu-rayレコーダーはこちらでチェック

スポンサーリンク

街並み照らすヤツら公式X

街並み照らすヤツらの公式Xはこちら

街並み照らすヤツら公式Instagram

街並み照らすヤツらの公式Instagramはこちら

街並み照らすヤツら公式TikTok

街並み照らすヤツらの公式TikTokはこちら

日本テレビ系列の番組を見るならHuluがおすすめ!

おうちで動画配信を大画面で見るならチューナーレステレビ

大画面で映画や動画を楽しみたいけれど、テレビではNHK受信料を払わなければならない。受信料を払いたくないあなたにぴったり!チューナーレステレビが解決策です。ケーブルやインターネットを利用して、お気に入りのコンテンツを自由に楽しめます。大画面の鮮やかな映像をお家で堪能。理想のエンターテイメント体験を、チューナーレステレビで実現しましょう!

チューナーレステレビとは?

地上波を受信するチューナーがなく、インターネットの動画視聴に特化したテレビのことを指します。一般的なテレビと比べて価格が安いため、テレビ番組を頻繁に見ない方や、動画配信サービスのみを楽しみたい方におすすめです。

単独で地上波・BS・CS放送の視聴はできませんが、YouTube・Netflix・Amazon Primeなどインターネットを介しての映像コンテンツを大画面で楽しめるのが特徴です。

チューナーレステレビの詳細はこちら

コメント