PR

【ACMA:GAME アクマゲーム】を見逃した!見逃し配信で見る方法は?

【ACMA:GAME アクマゲーム】を見逃した!見逃し配信で見る方法は? 見逃し配信
記事内に広告が含まれています。

ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」は、日本テレビ系列で2024年04月07日(日)の夜 10時30分から11時25分に放送されています。

このサバイバル・エンターテインメントのドラマは、織田照朝(演じるのは間宮祥太朗さん)が「悪魔の鍵」と呼ばれる謎の鍵を手に入れ、世界中を渡り歩きながら知識を蓄え、悪魔の鍵を巡る物語が展開されます。彼は父から託されたこの鍵を使い、全てを失った過去から復讐を果たすために、さまざまなゲームに挑戦します。

そんな「ACMA:GAME アクマゲーム」を見逃したあなた、見逃し配信で見る方法を調べてみました。

スポンサーリンク

結論

結論

現在、「ACMA:GAME アクマゲーム」はTverHuluで配信されています。ただし、Tverは期間限定の為、お早めに視聴することをおすすめします。

スポンサーリンク

ACMA:GAME アクマゲームを見逃し配信で見れるサービスはこちら

動画配信サービスURL料金   
(税込)
視聴できる?無料体験
TVer無料無料配信
ABEMAプレミアム 960円×無料配信あり
Hulu1,026円あり:2週間
 Amazonプライムビデオ500円×あり:1か月間
 Netflix1,490円×あり:1か月間
 Lemino990円×あり:1か月間
  U-NEXT2,189円×あり:1か月間
 FODプレミアム976円×なし
TELASA618円×あり:2週間
スポンサーリンク

ACMA:GAME アクマゲームのあらすじ

画像引用元:ACMA:GAME アクマゲーム 日本テレビ公式サイト

あらすじを見たい方はこちら⬇️

ゲーム『三単究明』では、両者が2つの石板の答えを当て、互いに残りの石板はひとつとなった。しかし、ガイド(吉川晃司)は既に照朝(間宮祥太朗)の残りの石板の答えに辿り着いた様子で、余裕の笑みを浮かべる。

このまま照朝が負ければ、初(田中樹)、悠季(古川琴音)、潜夜(竜星涼)、紫(嵐莉菜)など、アクマゲームトーナメントの出場者は全員皆殺しにされる。さらに、ゲーム終了と同時にグングニルがG20を攻撃し、世界は大混乱に陥ってしまう。みんなを救うにはゲームに勝つしかない。そのプレッシャーが照朝の肩に重くのしかかる。

照朝とは対照的に冷静沈着なガイドは、照朝の重圧を見透かしたように「救ってみせろ、彼らの命を」と挑発。初たちは照朝を信じて見守るしかなかった。仲間を守りたい照朝は勝負を急ぎ、ますます窮地に追い込まれる。

ガイドは照朝に、自分がガイドとして新しい世界の創造を目指すようになった理由を語り始める。照朝は「一度も鍵を壊そうとは思わなかったのか?」と問う。しかし、悪魔ガド(諏訪部順一)は照朝に「悪魔の鍵は決して破壊できない。この世から消し去ることは不可能だ」と告げる。

衝撃を受ける照朝に、初は「悪魔は人を騙すものと決まっている。騙されるな!」と喝を入れる。一方その頃、島からの脱出方法を探る毛利(増田昇太)と妻のシズ(穂志もえか)は、海の向こうからやって来る謎のボートを目撃する。

明らかになる父の過去と、母の死の真相。そしてアクマゲームトーナメントの真の目的。ついに決着!欲望の果てにあるのは希望か、絶望か――!?

「久しぶりだな、照朝」。照朝(間宮祥太朗)の前に現れたグングニルのトップ、ガイドの正体は、死んだはずの父・織田清司(吉川晃司)だった。「どういうことだ父さん?…全部父さんが仕組んだのか?」。困惑する照朝に、ガイドは全てを語り始める。

13年前、争いが絶えない世界の未来を危惧していたガイドは、同じ考えを持つ崩心(小澤征悦)と手を組み、自ら死を偽装。照朝の前から姿を消し、グングニルを設立した。全ては、欲望が渦巻く世界に終止符を打ち、世界を正しく創り変えるための計画だった。「たとえ世界の人口が半分になろうと、計画を遂行する」。あんなに優しかった父はどこへ…。冷酷無情なガイドの計画を知り、絶望の淵に突き落とされる照朝は、独り真っ暗な森を彷徨う。

そんな照朝を、初(田中樹)が、悠季(古川琴音)が、紫(嵐莉菜)が、必死に探していた。夜が明け、照朝がふと目を開けると目の前には潜夜(竜星涼)が。「僕らのゲームは終わってないよね」と差し出された手を取る照朝。その目には再び力が宿っていた。

洋館に戻った照朝は毛利(増田昇太)の元を訪ね、みんなの命を守るために力を貸してほしいと、ある作戦を伝える。グングニルのアジトでは、突然ネットが遮断されて外部と連絡が取れなくなる。毛利がこの島ごと閉鎖空間にし、伊達(福山翔大)とアクマゲームを始めたのだ。

混乱するグングニルのアジトに、照朝と仲間たちが乗り込んで来る。「これ以上、もう誰も傷つけさせない。あんたの野望は全て俺が叩きつぶす!」。照朝はガイドの前に立ち塞がり、悪魔・ガド(cv・諏訪部順一)を召喚する。

グングニルのアジトとおぼしき地下施設を目指す照朝(間宮祥太朗)は、転落しそうになるところを間一髪で初(田中樹)に救われた。裏切ったはずの初がなぜ目の前にいるのか疑いの目を向ける照朝に、初は「鍵とガイドの情報が欲しいんだろ?だったら一緒に来い」と歩き出す。

一方、ホテルではアクマゲームトーナメント2回戦第2試合が始まろうとしていた。潜夜(竜星涼)と悠季(古川琴音)が対戦するのは、天才棋士・毛利(増田昇太)とカリスマユーチューバー・浅井(坂口涼太郎)のチームだ。毛利は弱冠19歳で竜王のタイトルを獲得したあと、挫折を経て今は『悪魔の鍵』の力で連戦連勝。勝利への執着は人一倍強い。

毛利の攻略法を探る潜夜は、ある作戦を仕掛け、毛利の弱点を発見する。自信満々に鍵を挿し、悪魔を召喚する潜夜。出現したのはエルヴァ(cv.中村悠一)だった。エルヴァが用意したゲームは『粘土問答~Clay Dialogue~』。チームの1人が“お題”を粘土で形にし、もう1人が粘土の形からお題が何であったかを当てるゲームだが、途中で相手チームの妨害も入るので、推理で答えを導き出すのは容易ではない。

その頃、森の中を歩きながら初は自分がこのトーナメントに参加した本当の理由を照朝に聞かせる。初は照朝を裏切ってなどいなかった。グングニルの情報を集めるため、欲に溺れたフリをして崩心(小澤征悦)に近づいていたのだ。互いを認め、再び手を取り合う照朝と初は、共にグングニルのアジトへと潜入する。

ゲーム会場ではゲームを楽しんでいるように見えた潜夜に思わぬ落とし穴が待っていた。苦しそうな潜夜の様子を愉快そうに見るエルヴァ。悠季は潜夜を心配し声をかけるが…。

トーナメント1回戦を終え、出場者たちの前に崩心(小澤征悦)が現れる。彼は2回戦での新ルールとして、1回戦の対戦者同士がチームを組むことを命じる。この突然の発表に、崩心の挑発に憤る照朝(間宮祥太朗)は、彼らの真の目的を問いただす。「おまえらの目的は何だ?50本も鍵を集めて何を企んでる?」と照朝が詰め寄るが、崩心は答えず、代わりに照朝が次に親友の初(田中樹)と戦うことを煽る。

心配する悠季(古川琴音)は、グングニルが自由に振るうのを防ぐため、おろち(cv・花澤香菜)と共に悪魔の鍵のありかを探ることを提案するが、照朝に止められる。チーム戦の形式で、照朝は紫(嵐莉菜)と組み、初と伊達(福山翔大)のチームと対戦することになる。一方、潜夜(竜星涼)と悠季は、毛利(増田昇太)&浅井(坂口涼太郎)チームと対戦が決定する。

初はグングニルに寝返り、照朝に生死をかけた勝負を挑む。「照朝、俺はおまえに勝つ」と宣言し、悪魔を召喚する。召喚されたのはコルジァ(cv・坂本真綾)。コルジァが準備したゲーム「籠球果実~Basket Fruits~」が始まる。4人のプレイヤーがこの新たな試合に挑む中、照朝は初がなぜグングニルに加わったのかという疑問で頭がいっぱいだ。初は照朝の心理を見透かすように「集中しろ」と忠告する。

一方、試合の合間に悠季は、おろちを連れて50本の悪魔の鍵を求めて危険な森を進むが、何者かの影が彼らを追っていることに気づかない。舞台はさらに緊迫し、物語は次なる展開へと進む。

アクマゲームトーナメント第1回戦の第2試合で、竜星涼が演じる潜夜の対戦相手として現れたのは古川琴音の悠季だ。悠季は「来るしかなかった」と沈痛な表情で登場し、母・悠理子(阿南敦子)と弟・一馬(三浦綺羅)がグングニルに人質とされていることを明かす。彼らの命を盾にゲームへの参加を強要され、負ければ命はないと脅されていた。

間宮祥太朗の照朝と田中樹の初はその事実に驚愕する。初は感情を抑え、「ゲームに勝つしかない」と言い残し、悠季と目を合わせずに去る。信じられないという目で初の背中を見送る照朝と悠季。一方、初は崩心(小澤征悦)の元を訪れ、「照朝に勝つためにもグングニルの目的を教えて欲しい」と願う。

潜夜は真剣勝負の構えを見せ、「わざと負ける気はない」と宣言。一方、悠季は照朝から教えられた“アクマゲーム必勝法”を駆使し、潜夜に真っ向勝負を挑む。自分の鍵を使って悪魔エルヴァ(cv・中村悠一)を召喚し、天才ギャンブラーに立ち向かう。

同時に、別の会場では、毛利明(増田昇太)と坂口涼太郎の浅井満がコルジァ(cv・坂本真綾)を召喚。この島の電波塔に行けば外部と連絡が取れると知った照朝は、悠季の家族を救うために危険な森を突き進む。紫(嵐莉菜)も照朝を追いかけるが、二人はドローンに見つかり、紫は足を負傷する。照朝は紫を背負いながら、何とか電波塔にたどり着くが、そこでグングニルが仕掛けた罠が待ち受けていた。

照朝と潜夜がグングニルからのアクマゲームトーナメントの招待状を受け取り、『悪魔の鍵』を巡る戦いに参加することを決意する。会場には各界の天才や曲者が集まり、照朝はかつての親友である初の姿に驚く。初は会社を奪われ、絶望の中で『悪魔の鍵』を手に入れ、照朝との真剣勝負を望んでいた。

崩心がトーナメントの組み合わせを発表し、照朝は紫と、初は伊達と対戦することになる。潜夜は対戦相手がいないことに不満を示すが、崩心は何かを企んでいるような様子で「後のお楽しみ」と言い残す。同時に、潜夜はトーナメントのもう一つの目的が何かを探るために会場を探索し、YouTuberの浅井満と共にドローンの脅威に晒されながらも逃走を試みる。

トーナメントのルールは過酷で、敗者は勝者に命を預ける必要があるというもの。照朝と初は、それぞれの相手との戦いに臨む中、命を懸けた真剣勝負が始まる。照朝は戦略を練り、心の奥底で揺れる初の本心と向き合うことになる。一方、初と伊達の間では、コルジァが管理する異なる種類のゲームが進行中で、それぞれの対戦がトーナメントの行方を左右することになるだろう。

アクマゲームで初敗北を喫した照朝は、天才ギャンブラーの潜夜を同盟に引き入れることに成功する。二人はグングニルという謎多き組織とその首謀者・崩心に対抗するため、手を組むことを決める。潜夜が提供する情報によれば、グングニルは財産譲渡事件や要人の不審死に関与しており、『悪魔の鍵』の所有者を戦わせることで何らかの目的を遂げようとしている。

一方、会社の資金繰りに悩む初は投資家・犬飼と接触し、資金援助を受ける約束をするが、その代わりにとんでもない“条件”を突きつけられる。照朝はグングニルの手先である長久手と直接対決することになり、新たに召喚された悪魔・コルジァが管理するゲーム『百金争奪~Hundred Contest』で勝負が行われる。このゲームは、異なる強弱関係を持つ5つの駒を用いて100枚の金貨を奪い合う頭脳戦である。

照朝は長久手との戦いで彼の持つ特殊能力『拙い身代わり』を利用されるが、潜夜と悠季の助けを借りて彼の策を逆手にとり勝利する。しかし、勝利の直後、長久手は記憶を失い、「ここはどこですか?」と混乱する。長久手の記憶喪失は、かつてのアクマゲームでの敗北が原因でグングニルによって記憶を改ざんされていたためで、再び敗れるとグングニルに関する全ての記憶を失うよう条件付けられていたのだ。照朝は、長久手の精神が崩壊する様子に心を痛めつつも、グングニルとの戦いをさらに決意する。

その後、照朝の元にグングニルからアクマゲーム・トーナメントの招待状が届く。優勝すると『悪魔の鍵』が手に入り、崩心と直接対峙できる機会が与えられる。照朝は迷わず参加を決意し、トーナメントが開催される場所へと向かう。しかし、彼が意識を取り戻したのは森の奥地で、遺体袋に入れられた状態だった。照朝はこれから始まるであろう過酷な戦いに備え、新たな局面に立たされることになる。

照朝(間宮祥太朗)が13年ぶりに父母の墓前に立ち、「モグチョコ」を供えながら過去の約束を思い返しているところへ、驚愕のニュースが届く。宮ノ内グループの経営権が潜夜(竜星涼)の手に渡ったというのだ。この報せを聞き、照朝は潜夜との対決を決意する。一方、初(田中樹)は悠季(古川琴音)が開発した「おろち」に投資を得るチャンスをつかみ、会社の未来に希望を見出していた。

照朝と初は宮ノ内グループの本社に向かい、そこで潜夜とアイドルの式部紫(嵐莉菜)と遭遇する。照朝は父がかつて働いた場所で潜夜に対し、勝負を挑む。潜夜はこれを受け、悪魔ガド(cv・諏訪部順一)を召喚し、アクマゲームが開始される。ゲームの内容は『五印一当~Five One~』というカードゲームで、15枚のカードから1枚の黒塗りカードを当てるものだ。

ゲームは潜夜との頭脳戦に展開され、激しい心理戦の末、照朝は敗北を喫する。全ての『悪魔の鍵』を潜夜に奪われ、彼の願い事を3つ叶える羽目に。しかし潜夜の要求は意外にも軽いもので、「お手」「おまわり」の後、「最後の1つは楽しみにとっておく」と言われる。潜夜は純粋にギャンブルのスリルを求める存在であり、他には興味がないことが明らかになる。

その後、照朝は潜夜に共闘を提案し、『悪魔の鍵』を使って世の中の欲望に溺れた者たちと戦う計画を打ち明ける。潜夜はこの提案に興味を示し、「よし。乗った」と応じる。これにより、宮ノ内グループの返還も約束され、潜夜は照朝に『悪魔の鍵』を1本返し、更には崩心の組織に関する情報として「Gungnir(グングニル)」という言葉を提供する。こうして新たな同盟が結ばれ、照朝の戦いは次の段階へと進むのだった。

照朝(間宮祥太朗)は、幼なじみの丸子(須賀健太)がアクマゲームに敗れ命を落としたことに深く打ちのめされる。そんな照朝に、龍肝(橋本じゅん)は『悪魔の鍵』を持つ危険性を忠告するが、照朝は父・清司(吉川晃司)を殺害した男(小澤征悦)に近づくため、敢えてそのリスクを負い、鍵を集め続ける決意を新たにする。

一方、照朝は親友の初(田中樹)と悠季(古川琴音)をこれ以上危険に巻き込みたくなく、二人との関わりを避けるよう努める。しかし、その決断が初を苛立たせ、ついには厳しい言葉が交わされてしまう。

その頃、総合格闘家・兵頭猛(栄信)は、『悪魔の鍵』の力を借りて連勝を続け、試合後のキャバクラで祝杯を挙げる中、彼の前に上杉潜夜(竜星涼)が現れ、更なる権力と金を得るために照朝の持つ鍵を奪うようそそのかす。

悠季は照朝と初の仲直りを願い、中学時代に3人で埋めたビデオレターを掘り起こしに行こうとするが、照朝はこれを断る。初も多忙のため、結局悠季は一人で中学校を訪れる。そこで悠季は照朝を見つけ、2人で掘り起こしたビデオレターを見ることに。しかし、その最中に兵頭が現れ、悠季にナイフを突きつけながら照朝の鍵を要求する。

初が現れて悠季を救うも、その代わりに人質に取られてしまう。照朝はもう大切な人を失いたくないと、自らの『悪魔の鍵』を使って悪魔を呼び出し、兵頭とのアクマゲームを開始する。この危険なゲームは、相手の影を踏むことで得点を競うもので、兵頭の格闘技の技術に苦戦する照朝だったが、最終的には友人たちの助けを借りて勝利する。

勝利後、照朝は兵頭から命を奪うべきではないと主張し、その決断で初との関係も修復される。照朝は兵頭から鍵を譲り受け、新たな敵として現れた潜夜との対決に向けて準備を始める。潜夜が持つ鍵は5本であり、照朝は次なる挑戦に向けて覚悟を決めるのだった。

織田照朝(間宮祥太朗)は、海外を放浪しながら生死の境を幾度も越えてきた。彼が常に携えている1本の古びた鍵が、その危機を切り抜ける力の源だった。この鍵は、全世界に99本存在するとされる『悪魔の鍵』の一つであり、照朝は残りの鍵を探すため世界中を旅していた。

そんなある日、照朝はあるニュースを目にし、突然日本への帰国を決意する。その鍵と共に、彼には亡き父・清司(吉川晃司)との大切な思い出が刻まれている。14年前、父が経営する織田グループの会長として多忙な中、清司は照朝をキャンプに連れて行き、『悪魔の鍵』を彼に見せた。その時、清司はこの鍵が持つ者に幸運をもたらすと説明したが、その直後、清司は『悪魔の鍵』を狙う謎の男(小澤征悦)に殺されてしまう。

父の死から13年後、照朝は日本に帰国し、現在は「宮ノ内グループ」と名を変えた父の旧会社を訪れる。そこで再会したのは、父の信頼していた秘書である岡本龍肝(橋本じゅん)。龍肝は照朝に、最近日本で多発している謎の財産譲渡事件に『悪魔の鍵』が関与している可能性があると説明する。

一方、照朝の帰国を知った中学時代の親友、斉藤初(田中樹)と眞鍋悠季(古川琴音)も彼との再会を喜ぶ。初と悠季は次世代型AIを開発するベンチャー企業を立ち上げており、照朝が無事であることを願い続けていた。しかし、初は照朝の現在の様子に戸惑いを隠せず、ぎこちない態度を取ってしまう。

その夜、照朝は帰宅すると、テレビで見たばかりの、そして父を殺したとされる男の顔を目撃する。彼はすぐにその男を追いかけるが、男はあっさりと姿を消してしまう。照朝の運命と『悪魔の鍵』の秘密が、更なる深淵へと彼を導くことになる。

ACMA:GAME アクマゲームの相関図

ACMA:GAME アクマゲームの相関図
画像引用元:ACMA:GAME アクマゲーム 日本テレビ公式サイト

ACMA:GAME アクマゲームのキャスト

  • 織田照朝 – 間宮祥太朗(27歳)
  • 斉藤初 – 田中樹(27歳)
  • 眞鍋悠季 – 古川琴音(27歳)
  • 上杉潜夜 – 竜星涼(27歳)
  • 式部紫 – 嵐莉菜(18歳)
  • 毛利明 – 増田昇太(s**t kingz)(35歳)
  • 伊達俊一郎 – 福山翔大(31歳)
  • 浅井満 – 坂口涼太郎(33歳)
  • 岡本龍肝 – 橋本じゅん(60歳)
  • ガド – 諏訪部順一(声の出演)
  • コルジァ – 坂本真綾(声の出演)
  • エルヴァ – 中村悠一(声の出演)
  • おろち – 花澤香菜(声の出演)
  • 崩心 – 小澤征悦(53歳)
  • 織田清司 – 吉川晃司(45歳)

録画機能付きレコーダーで見る方法

どうしても【ACMA:GAME アクマゲーム】を見たい方は録画予約機能が出来るレコーダー購入をおすすめします。下記の商品はスマホで録画予約ができ、スマホで録画した番組又は録画中の番組が外出中でも見れます。

一度、録画しておくと、いつでもどこでも見れるので非常に便利です。

おすすめBlu-rayレコーダー

楽天市場(低価格商品)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の詳細はこちら

その他のBlu-rayレコーダーはこちらでチェック

スポンサーリンク

ACMA:GAME アクマゲーム公式X

ACMA:GAME アクマゲームの公式Xはこちら

ACMA:GAME アクマゲーム公式Instagram

ACMA:GAME アクマゲームの公式Instagramはこちら

ACMA:GAME アクマゲーム公式TikTok

ACMA:GAME アクマゲームの公式TikTokはこちら

日本テレビ系列の番組を見るならHuluがおすすめ!

おうちで動画配信を大画面で見るならチューナーレステレビ

大画面で映画や動画を楽しみたいけれど、テレビではNHK受信料を払わなければならない。受信料を払いたくないあなたにぴったり!チューナーレステレビが解決策です。ケーブルやインターネットを利用して、お気に入りのコンテンツを自由に楽しめます。大画面の鮮やかな映像をお家で堪能。理想のエンターテイメント体験を、チューナーレステレビで実現しましょう!

チューナーレステレビとは?

地上波を受信するチューナーがなく、インターネットの動画視聴に特化したテレビのことを指します。一般的なテレビと比べて価格が安いため、テレビ番組を頻繁に見ない方や、動画配信サービスのみを楽しみたい方におすすめです。

単独で地上波・BS・CS放送の視聴はできませんが、YouTube・Netflix・Amazon Primeなどインターネットを介しての映像コンテンツを大画面で楽しめるのが特徴です。

チューナーレステレビの詳細はこちら

コメント