PR

花咲舞が黙ってないを見逃した!見逃し配信で見る方法は?

花咲舞が黙ってないを見逃した!見逃し配信で見る方法は? 見逃し配信
記事内に広告が含まれています。

ドラマ「花咲舞が黙ってない」は、2024年4月13日(土)21:00から日本テレビ系列で放送されます。池井戸潤の小説「不祥事」と「銀行総務特命」を原作としたテレビドラマシリーズで、女性銀行員たちが爽快に活躍する痛快な銀行エンターテインメントです。

物語は、東京第一銀行で窓口係を務める花咲舞が、人事異動で本部臨店班に異動させられるところから始まります。臨店班は、全国の支店で起こる問題を解決するために出向く部署で、花咲舞は弱い立場の人々のために立ち向かっていきます。彼女は正義感が強く、誰であろうと問題を解決するために奮闘します。

このドラマは、女版「半沢直樹」としても注目されており、女性たちの活躍が描かれています。

スポンサーリンク

結論

結論

現在、「花咲舞が黙ってない」はTverHuluで配信されています。ただし、Tverは期間限定の為、お早めに視聴することをおすすめします。

スポンサーリンク

花咲舞が黙ってないを見逃し配信で見れるサービスはこちら

動画配信サービスURL料金   
(税込)
視聴できる?無料体験
TVer無料無料配信
ABEMAプレミアム 960円×無料配信あり
Hulu1,026円あり:2週間
 Amazonプライムビデオ500円×あり:1か月間
 Netflix1,490円×あり:1か月間
 Lemino990円×あり:1か月間
  U-NEXT2,189円×あり:1か月間
 FODプレミアム976円×なし
TELASA618円×あり:2週間
スポンサーリンク

花咲舞が黙ってないのあらすじ

花咲舞が黙ってないのあらすじ
画像引用元:花咲舞が黙ってない 日本テレビ公式サイト

あらすじを見たい方はこちら⬇️

花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)は、臨店先の四谷支店でかつての同僚でローン担当者の仲下小夜子(大西礼芳)と再会する。小夜子が近々退職して海外で働くと聞き、驚きつつも門出を祝福する。

臨店を終えて本部に戻ると、芝崎太一(飯尾和樹)から再び四谷支店に行って欲しいと依頼される。新宿で起こった無差別刺傷事件の犯人富樫研也(夙川アトム)が、四谷支店でローンを断られていたことが判明し、銀行の対応に不備がなかったか内部調査する必要があるためであった。

舞は小夜子が担当だったのではないかと心配するが、実際の担当者は入社2年目の三宅翔太(倉悠貴)だった。三宅は対応に不備はなかったと語り、富樫のローン書類を見せる。相馬も不備は見当たらないと確認するが、調査は続く。

その夜、舞と相馬と小夜子は、花咲健(上川隆也)の店「花さき」で飲むことにする。そこで小夜子は、三宅の富樫への接客態度が気になっていたと告白する。親の介護で疲れ切っていた富樫の話を三宅が親身に聞いていれば、事件を防げたのではないか、自分が三宅をちゃんと指導していればと後悔の念を語る。

舞と相馬は、小夜子のせいではなく、銀行の対応に不備はなかったと励ますが、小夜子の心の傷は深いままであった。

神保町支店での臨店後、花咲舞と相馬健は舞の叔父である花咲健と共に、健の馴染みの寿司屋に訪れた。そこで出会った常連客、谷原道代から、5年前に亡くなった娘の谷原奈保子の銀行口座について相談を受ける。

奈保子の死後、その口座で何千万円ものお金が動いていたのだ。口座は既に解約されており、今後利用される見込みはないが、道代は「いい事でも悪いことでも、娘の生きた証として何が起きていたのかを知りたい」と願っていた。舞はこの言葉に共感し、口座の謎を解明する決意を固める。

奈保子の口座は産業中央銀行に設置されていたが、銀行側からの調査は不可能だった。そこで舞たちは、奈保子が亡くなる直前まで勤めていたヘブン製薬に注目する。

この会社は「もやもや病」という脳の疾患に対する新薬を開発していたが、5年前に出資会社に裏切られ、新薬開発を完了できずに倒産していた。さらに、その社長である研究者の平岡秀紀は行方不明である。

追い詰められた舞たちは、ヘブン製薬倒産後数ヶ月で設立された「ブレインリーチ」というベンチャー企業が似た新薬を開発している情報を掴む。

奈保子の口座からの資金引き出しと時期が一致していた。舞と相馬はブレインリーチの代表、香坂遼に話を聞きに行くが、香坂は何かを隠している様子で「お答えできることは何もありません」とだけ回答し、二人が立ち去るとすぐに「銀行の奴らがヘブン製薬のことを嗅ぎ回っている」と電話をかけ始める。

その電話の相手は、舞たちが探していた平岡だった……。この事実に気づく舞たちの調査は、さらに深まることになる。

花咲舞と相馬健は、山の中の温泉地に位置する眠山支店の次なる臨店として来店する。地元の老舗旅館・白鷺亭の八坂社長から、改築費5億円の資金がなかなか進まないという相談賭けに慎重な眠山支店の前浜支店長に納得してもらうため、舞と相馬は白鷺亭に宿泊し、改善点を探る。

温泉と料理を楽しみながら、旅館の問題点を調査すると、料理部門の人の手不足により料理の質が低下していることが問題。八坂社長は料理人を探し始める。この改善策を元に、舞と相馬は融資担当者後藤涼太とともに前浜支店長に報告するが、前浜は「この街に未来がない」と融資を拒否する。

前浜の否定的な態度に憤りを感じた舞は、同様に未来を感じないと言う眠山支店の職員たちと話す。その夜、舞と相馬が白鷺亭を再訪した際、予期せぬ人物を目撃し、銀行に関わる大きな取り組みが始まる兆しを感じ取る。

花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)が臨店先の府中支店で舞の元カレ、平井勇磨(前野朋哉)と偶然再会する。平井は若き経営者として父の会社を継ぎ、その傍らにはかつての部下であり、現在は平井エンジニアリングの役員である助川信次(山西惇)がいる。

一方、昇仙峡玲子(菊地凛子)と紀本平八(要潤)は、東京第一銀行を4大メガバンクの中で第1位に戻す計画について話し合い、その成功のためには臨店班が発見する不正を隠蔽する必要があることを強調する。

その夜、平井は自身の会社が助川に乗っ取られそうになっているという相談のため、花咲を訪れる。舞の父、花咲健(上川隆也)は、元カレの突然の訪問に驚く。相馬は休日を返上し、助川の真意を探るために調査を始めることを決意する。

連休中、舞と相馬が平井エンジニアリングを訪問すると、イチロー(看板犬)と平井が出迎える。調査中に、過去1年間で2千万円分の経費の領収書が不明になっていることが発覚し、経理課長だった菊池一男(中野剛)がその頃に異動させられたことを知る。菊池は助川による強引な異動命令を受け、退職を考えているが、平井は会社を改善するために協力を求める。しかし、菊池は助川がいる限り会社が変わらないと断言する。それでも舞は諦めず、菊池から重要なヒントを得る。

花咲舞と相馬健の次なる臨店先は、昇仙峡玲子の上司である紀本平八経営企画部長や小倉哲業務統括部長など歴代の部長や役員を輩出する銀座支店である。この店舗は近々2億円の新規融資を控える重要な取引先であり、アクアソートの社長田沼英司から依頼された振り込みが、融資担当坂野元のミスにより期日通りに行えずトラブルが発生する。

これを受け、舞と相馬は坂野と共に入金が遅れた振込先に謝罪に向かい、到着した先はシンバシサービスという営業コンサルタント会社だった。

社内はオレオレ詐欺のアジトのような雰囲気で、奥には反社会的勢力風の男がいる。この様子から舞は、アクアソートが詐欺に加担しているのではないかと疑う。

アクアソートの通帳を確認した舞は、入金専用カードを使った不審な入金が多発していることを発見し、直ちにアクアソートの事務所へ向かう。

舞たちを出迎えたのは常務の土屋友康で、彼は田沼とは大学の研究室時代からの付き合いであり、一緒に画期的な浄水技術を開発し、世界へ広めるために会社を立ち上げたと説明する。

田沼と土屋が被災地や途上国支援などを行うクリーンな社風と理想を持っていることを知り、舞は感銘を受ける。しかし、シンバシサービスとの繋がりについて尋ねると、土屋は歩合で営業を委託していると述べるが、それ以上の詳細は語られない。

翌日、舞と相馬は田沼の研究所を訪れる。田沼にシンバシサービスを選んだ理由を問うと、「知り合いの紹介です」と答え、表情を曇らせる。

この態度から相馬は田沼が詐欺に加担している、あるいは利用されている可能性を強く感じる。

臨店班の花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)のもとに、シニア管理職研修を終えた芝崎太一(飯尾和樹)が登場し、研修について愚痴をこぼす。研修は中年行員たちに退職を告げるような内容で、昨年は参加者一人が逆上し大暴れ事件があったという。この話を聞いて舞は同情する。

こんな中、赤坂支店での情報流出トラブルを調査のための指示が臨店班に出られる。舞と相馬は赤坂支店に向かい、支店長からの話をする。社長である白石吾郎(斉藤暁)からの相談で、彼は自社の出店計画情報が漏洩し、競合に利用されているのではないかと疑い、社員の秘密を調査してほしいとのことだった。

舞と相馬は白石珈琲を訪れ、白石社長から直接話を聞く。地を手放さざるを得なくなると社長は力説する。

舞と相馬は策を見つけたいと調査を解決していく途中、白石珈琲の融資担当者、八代(武田航平)が現れる。八代の話から、情報漏洩の犯人が白石珈琲の社員でない可能性舞と相馬は追跡調査を進め、事件の真実に受け止める。

花咲舞は東京第一銀行羽田支店から本部の臨店班へ突然異動させられる。相棒の相馬健はやる気がなく、舞は初めての臨店で苦手な先輩と再会し、臨店の厳しい現実に直面する。

羽田支店に戻り、内部告発のメモが届く。それは支店長とエトラン社との癒着を指摘するものだった。根津京香に問い詰めるも、情報を得られない。

しかし、舞たちは融資と外注費の不審な動きを発見し、真相解明へと進む。最終的に、直接関係者に事実を確かめるために行動を起こす。舞はあきらめず、問題解決に向けて動き出す。

花咲舞が黙ってないの相関図

花咲舞が黙ってないの相関図
画像引用元:花咲舞が黙ってない 日本テレビ公式サイト

花咲舞が黙ってないのキャスト

  • 花咲舞:今田美桜
  • 相馬健:山本耕史
  • 芝崎太一:飯尾和樹〈ずん〉
  • 辛島伸二朗:神尾佑
  • 紀本平八:要潤
  • 昇仙峡玲子:菊地凛子
  • 花咲健:上川隆也

録画機能付きレコーダーで見る方法

どうしても【花咲舞が黙ってない】を見たい方は録画予約機能が出来るレコーダー購入をおすすめします。下記の商品はスマホで録画予約ができ、スマホで録画した番組又は録画中の番組が外出中でも見れます。

一度、録画しておくと、いつでもどこでも見れるので非常に便利です。

おすすめBlu-rayレコーダー

楽天市場(低価格商品)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の詳細はこちら

その他のBlu-rayレコーダーはこちらでチェック

スポンサーリンク

花咲舞が黙ってない公式X

花咲舞が黙ってないの公式Xはこちら

花咲舞が黙ってない公式Instagram

花咲舞が黙ってないの公式Instagramはこちら

花咲舞が黙ってない公式TikTok

花咲舞が黙ってないの公式TikTokはこちら

日本テレビ系列の番組を見るならHuluがおすすめ!

おうちで動画配信を大画面で見るならチューナーレステレビ

大画面で映画や動画を楽しみたいけれど、テレビではNHK受信料を払わなければならない。受信料を払いたくないあなたにぴったり!チューナーレステレビが解決策です。ケーブルやインターネットを利用して、お気に入りのコンテンツを自由に楽しめます。大画面の鮮やかな映像をお家で堪能。理想のエンターテイメント体験を、チューナーレステレビで実現しましょう!

チューナーレステレビとは?

地上波を受信するチューナーがなく、インターネットの動画視聴に特化したテレビのことを指します。一般的なテレビと比べて価格が安いため、テレビ番組を頻繁に見ない方や、動画配信サービスのみを楽しみたい方におすすめです。

単独で地上波・BS・CS放送の視聴はできませんが、YouTube・Netflix・Amazon Primeなどインターネットを介しての映像コンテンツを大画面で楽しめるのが特徴です。

チューナーレステレビの詳細はこちら

コメント